「肺」の働きとは何ですか?

と聞くとまず頭に浮かぶのは「呼吸」

ですよね🎶

1

漢方の世界では「肺」はそれ以外にも

もっと重要な働きをします。

 

「肺は水道を通調す」

という言葉があり

 

全身の不要な水分を皮膚表面に押し出して

汗として出したり

尿として膀胱へ降ろしたりします。

 

2

つまり

「肺」が弱ってしまって

水液の代謝を調節できないと

 

汗が出ない・尿の出が悪い→むくむ

 

という症状が現れてしまいます。

え?むくみって腎臓じゃないの?

と思うかもしれませんが

 

もうひとつ奥のほうで

「肺」がかかわっていることも多いのです。

 

「肺」が集めた余分な水を

「腎」「膀胱」がしっかりと流しだしてくれるかどうかということなんですね!(^^)!

 

 

 

また、皮膚の表面は肺から栄養をもらっているため

「肺」の働きが弱ると

皮膚・産毛・汗腺の働きも弱くなります。

 

こうなると、風邪をひきやすくなったり

皮膚に潤いがなくなり、乾燥して痒くなったりの

症状が出てきます

 

4

 

肺の一番の働きは

「呼吸」ですから「鼻」とも密接なかかわりがあります。

 

鼻づまりや慢性の鼻炎、嗅覚異常などは

肺の弱りを知らせるアラームでもあります。

 

直接的な「気管支喘息」や「空咳」「息苦しい」

など

 

あ~なんだか肺が悪いんだろうな~

という症状だと「肺」ってわかりやすいんですが

 

意外とこういう症状を慢性的にお持ちの方って

 

汗が出にくかったり、尿の出が悪かったり

むくんだり

 

鼻の症状で悩んでいたりすることが多いです

 

そんな時は

もしかしたら「肺」の弱りがすべての原因に

あるのかもしれないな

と思っていただけるといいかもしれませんね

 

6

 

もし、そういう方がおられたら

 

うちでしたら

「八仙宝寿丸」をベースにしっかりと

肺の機能を整えながら「腎」機能も

整えていくのがベスト

 

でも、これだけでは

症状が取れるのに時間がかかるので

 

症状に合わせた漢方薬を

頓服してくと

 

少しづつ症状が出なくなるようになりますよ

!(^^)!