風邪は大きく分けて

コロナウイルス

ラノウイルスがあり

 

それぞれに数百の型があります。

 

さらに複合感染もするので、組み合わせは無限大

 d93134be0ec191de3106facaae2faab2

しかも

死ぬわけではない

 

…ということで

 

風邪に対するワクチンは開発されないです。

 

致死性ではないので

あくまで

不快な症状を抑えれば自然と治る

 

というのが

風邪薬のコンセプトです

 

成分は

 

パブロンでもルルでもベンザブロックでもコンタックでも

 はたまた病院のPL顆粒も同じ

・熱を下げる薬

・喉の腫れをとる薬

・鼻水の薬

・咳を鎮める薬

・たんを切れやすくする薬

+カフェインやビタミン類

となっています。

 

で、配合のバランスを整えて

喉に良く効くものは

喉の薬を多めに…

使う薬を強めに…

 

としているだけです。

 

この組み合わせだけでも多々あるので、販売する方に

よく聞いたほうがいいですね

 

市販薬やPL顆粒は

全種類入っていますが

 

病院によっては症状に合わせて

これらを数種類組み合わせて処方されるだけで

 

成分的には大して変わりません。

 

病院でも市販薬でも

薬で症状を緩和している間に

 

ウイルスは自力で、しっかり退治しましょう

 

というのが

風邪の治し方です

 

もうひとつ

風邪薬ではありませんが

「抗生物質」も風邪のときに

よく服用しますよね♪

 

「抗生物質」は

細菌感染には大きな威力を発揮しますが

 

「ウイルス」には

まったく効果はありません。

 

風邪はほぼ

「ウイルス」感染です

(;´∀`)

 

ウイルスで弱った体に

細菌が二次感染してきたり

 

潜伏していた菌が一気に力をつけて増大していきます。

 

その時こそ

抗生物質の出番!!

 

抗生物質飲んだけど効果無かった~

 

というときは

たいていウイルス感染で

飲んでいることが多いです(^_^;)

 

抗生物質は

あまり早く飲み過ぎると

 

腸内細菌も殺してしまうので

 

抵抗力を落として悪化させたり

二次感染・三次感染の原因になります

 

必ず、お医者さんの診断のうえ飲んでくださいね

 

残り物を自己判断で飲まないように

☆⌒(>。≪)