梅雨も明けて暑さが増してくるこの季節

気を付けておきたいのが「膀胱炎」です。

膀胱炎は身体が冷えてトイレが近くなり

我慢しがちになる冬場に起きやすいと

思われる方が多いかもしれませんが

高温多湿で細菌の活動が活発になる夏場にも

注意が必要な疾患です。

 

そこで、今回は、つらい頻尿や排尿痛を起こす

膀胱炎の予防や、その改善につながる養生法と

食べ物についてご紹介します。

 

トイレはあまり我慢しない

膀胱炎の原因で最も多いのは

膀胱内での細菌感染です。

 

外出中にトイレを控えたり

度々トイレに行くのをためらったりしていると

尿と一緒に流されるはずの細菌が

そのまま膀胱内で繁殖してしまうので

無理な我慢は禁物です。

 

水分をこまめに補給する

夏場は汗をよくかいて体内の水分が失われるため

尿として排泄される水分量が減ってしまいます。

排尿によって尿路の細菌を洗い流すために、

また、夏場の体調管理の面からも

水筒やペットボトルを携帯するなどして

水分はこまめに補給しましょう。

 

身体、特に下腹部を冷やさない

冷房をきかせて、冷たい飲み物や食べ物ばかりとっていると

夏場でも身体は冷えてしまいます。

冷えは身体の抵抗力を低下させるため

細菌に感染しやすくなります。

そのため、冷たい飲み物は極力控え

温かい飲み物を選ぶようにしたり

お風呂にゆっくりつかったりと

身体を温める工夫をしましょう。

 

休養・リラックスの時間を作る

疲れやストレスを解消できずにためてしまうと

免疫力が落ちて、細菌に感染しやすくなります。

十分な睡眠や休養を取ったり

自分が落ち着ける時間を作ったりして

心と身体をじっくり休めるのも大切な事です。

 

 

このように、膀胱炎は日常から意識することで

予防対策をすることができます。

さらに今回は、膀胱炎予防のために良いと言われている

「クランベリー」についてもご紹介します。

 

クランベリーとは

クランベリーはツツジ科の植物で

特徴的なルビーのように真っ赤な実を付けます。

日本ではあまりなじみがありませんでしたが

最近では、お菓子に使用されていたり

園芸用の苗が売られたりしています。

Fotolia_58150527_Subscription_L

薬としてのクランベリー

古くからクランベリーはアメリカの先住民族の間で

泌尿器疾患や傷の治療など

幅広く薬として活用されてきました。

また、航海中のビタミン不足により起こる

壊血病の予防にも使われていました。

 

クランベリーと膀胱炎

現在でもクランベリーの働きは関心を集めており

特に尿路感染に対する効果が注目されています。クランベリージュースを飲むと

その成分が膀胱や腎臓などの尿路の壁を覆い

細菌が繁殖するのを防ぐことが分かっています。

 

膀胱炎に気を付けたい

膀胱炎になりやすい

という方は、このクランベリーを試してみてください。

果汁たっぷりのジュースやジャムを使えば

少し変わったフルーツを日常生活のアクセントとしても

楽しめるはずです。

 

これから暑さが厳しくなってくると

夏バテなどによって身体の抵抗力が落ちてしまいがちです。

毎年、夏の膀胱炎でお悩みの方は

この夏、ご紹介しました養生法クランベリーを

日常生活に取り入れてみてください。