春菊とは

春菊は地中海沿岸が原産で

春になると黄色い花を咲かせ

葉の形が菊の葉に似ていることから

春菊の名がつけられたとされています。

20090203_591947

日本に入ってきたのは室町時代と言われ

江戸時代から栽培はされていたようですが

今のようにお鍋の具材としてもお馴染みの食材となったのは

30年ほど前からと、比較的最近になって

広まった野菜です。

β-カロテンが粘膜を守るから

この春菊には「β-カロテン」が豊富!

その量はほうれん草以上と言われています。

 

この「βカロテン」は、身体の細胞の老化を防ぐ

抗酸化作用を持っており

体内でビタミンAに変わって

鼻やのどの粘膜、皮膚などを保護し

抵抗力をつけていく働きがあります。

 

すなわち「β-カロテン」は敏感になってしまった

鼻の粘膜を守るという面から

花粉症対策として役立つというわけです。

 

また、鼻やのどの粘膜を守ることは

粘膜に風邪ウイルスを付着しにくくすることになりますので

この寒い時期にかかりやすい風邪の予防にも

良い効果を発揮してくれます。

 

β-カロテンは、油と一緒にとることによって

吸収率がアップしますので

調理をする際には、油で炒めたり

お肉と一緒に食べたりすると

効率よく摂ることができるでしょう。

ビタミンKやカルシウム、鉄も豊富

ほかにも、春菊にはビタミンKやカルシウムが豊富に含まれており

ビタミンKはカルシウムを骨に取り込むのを助ける働きがありますので

骨粗鬆症の予防にもなりますし

鉄分も多くて貧血にも良い効果が期待できます

 

特有の芳香成分も‼

春菊には特有の香りを有しますが

これはα-ピネン、ペリルアルデヒドといった成分によるものです。

 

これらの芳香成分は自律神経に作用して

食欲増進や胃もたれの解消、消化の促進など

胃腸の働きを改善していくという働きがあります。

 

漢方では陰陽五行説という考え方があって

その中で「鼻」と「胃」は助け合う関係にあることから

「鼻」の病を治すためには「胃」の調子を整えることも

ポイントになると考えられています。

 

つまり、春菊の香り高い成分は

陰陽五行説を踏まえると

胃の調子を良くするという面から

花粉症対策の役割も果たしてくれると考えることもできます。

 

春菊は1年中出回っていますが

旬は11月~3月頃で

今はまさにおいしく食べることができる時期です。

 

茎は細くて短めのほうがやわらかく

葉の色は濃くみずみずしくて茎の根元のほうから

生えているものが新鮮な証拠です。

是非、春菊を選ぶ時の参考にしてみてください。

 

これから本格化する花粉シーズン…

今が旬の春菊の力を借りながら

つら~い鼻炎症状に悩まされるこの時期を

うまく乗り切っていきましょう!