ドラッグエンゼルのダイエットでは

初回カウンセリングから定期的に

体脂肪量を測定させていただいています。

 

そこで

「測定って、どうやっているの?」

という疑問が出てくると思います。

20180201_182043

写真の機械に乗っていただいて測定します。

身体の中の脂肪は、ほとんど電気を通しません。

一方、脂肪を除いた筋肉や血液などは電気を通す

水分やたんぱく質を一定の割合で含んでいます。

 

そこで、人体に影響のないわずかな電気を流し

脂肪が電気を通さないために起こる

電気抵抗の強さを測り、体脂肪率を計算するのがこの体脂肪計です。

 

体脂肪が多いと、当然、電気抵抗は大きくなります。

これで、隠れ肥満もしっかり発見することができます。

 

数値に一喜一憂しない

体脂肪率は長い目で経過を見ていく事が大事になります。

体重のように「3kg減った!」と喜べるものでもありません。

体脂肪は体脂肪率の割合を出しているものですから

体脂肪率の増減には脂肪だけでなく「水」の増減も大きく影響してきます。

例えば、一度測定した後、水を500ml程度飲んでしまうと

水の割合が増えますので、体脂肪率は下がります。

逆に尿を出すと体脂肪率は上がります。

 

そもそも、体脂肪率は正確な測定が難しいので

たまたま、その時正確に測れていなかったという事も考えられます。

 

このように、一度測って一喜一憂するものではなく

定期的に測定し、長い目で見ていかなければならないのが

体脂肪率です。