『美肌』サプリで一番有名なのが「コラーゲン」ですよね

 

色々種類も多様ですし

効果があるようにも言われるし

効果がないようにも言われる。

実際どうなのでしょうか?

 

「健康食品」「西洋医学的」「中医学的」の観点からそれぞれ見ていきますね

 

まずは、「健康食品」と「西洋医学」の観点で共通しているのは

「成分」を大事にすることです。

 

コラーゲンとは

「アミノ酸」が数種類くっついた状態で存在する「タンパク質」の1種で

これを摂取すると、細かく分解され吸収されます。

ということは細かければ細かいほど吸収されやすいという特徴があるので

どの健康食品メーカーも今「低分子コラーゲン」として発売しているわけです。

「西洋医学」の観点では

細かく分解されたコラーゲンは「アミノ酸」という形

もしくは、アミノ酸よりもう少し大きい「ペプチド」という形で吸収されます。

そして細かく分解された「アミノ酸」や「ペプチド」は肝臓で

再合成され、全身に運ばれるのですが

ここで、コラーゲンを復元してくれるとも限らないですし

たとえコラーゲンに復元されたとしても

コラーゲンは肌だけではなく、歯や骨、軟骨、爪、髪の毛、目などにも大切な成分なので

必ずしも効いてほしい場所に行ってくれるとは限りません

 

これを極論的な言い方を知れば

「コラーゲンを飲んでも無駄」となりますが

これはいくらなんでも乱暴な意見だと思います。

 

どちらかというと

効かせたい場所に直接、注射したほうが的確に届けることができるという言い方のほうが論理的

 

ただし、注射の場合は肝臓を介さないので、「自己」にはならず

すぐに流れてしまいます

ですので、継続的に注入する必要があります。

 

中医学では「性質」を重視します。

漢方薬には「コラーゲン」として使用されることはありませんが

「ゼラチン」として使用されます。

基本的にゼラチンもコラーゲンも同じものなんですが

先述のとおりゼラチンの分子量を細かくしたのがコラーゲン

 

「性質を大事にする」ということが、どういうことかというと

ゼラチンに水を含ませると「プルプル」と固まりますよね

つまり、水を保持する力です。

07c47848cfd6715eb4a65cf2d7cb6d19

中医学ではこの「水を保持する力」を大事にするので

その性質を保つため分子量を細かくすることなく

そのままゼラチン(阿摎・鹿茸・亀板など)という形で配合し

水を保持する力を取り入れる考え方です

 

もちろんスーパーで売っているようなゼラチンとは異なります(;´∀`)

 

それぞれの視点で

それぞれの言い分があるのがコラーゲンです。

 

どれが良くてどれが悪いとかはないと思いますが

ただ、ドラッグエンゼルでは

中医学の考え方に沿って取り扱っています。

kirokreisenko

28回分 5600円(税抜き)

 

中医学(漢方)とコラーゲンとコラーゲン注射の考え方の違いでした♪