ついつい甘いものを摂りすぎてしまったり…

どうしても食欲が抑えられなったり…

 

もしかしたら、そういう人は睡眠時間に

問題があるのかもしれません。

 

メカニズムはまだ明らかでないものの

睡眠不足が体重の増加を招くことは

以前からよく知られていました。

 

そんな中、昨年の末から今年にかけ

睡眠時間と肥満が関係していることの裏付けともいえる

研究結果が2つ報告されました。

 

睡眠時間が不足すると甘いものが食べたくなるメカニズム

1つ目の実験は、睡眠時間(レム睡眠)が不足すると

高カロリーのものを欲するようになるため

肥満につながるという事に着目し、

そのメカニズムを調べた実験です。

 

睡眠のメカニズム

この実験結果を説明する前に

まずは睡眠について復習しておきたいと思います。

睡眠は眠りの深さによって「レム睡眠」「ノンレム睡眠」に分けられます。

レム睡眠は脳の一部が活動している浅い睡眠です。

ノンレム睡眠は深い眠りで、脳は完全に休んでいます。

眠りにつくと最初にノンレム睡眠が現れ、その後レム睡眠となり

眠っている間、このサイクルが約90分間隔で繰り返されます。

 

それではここから研究結果をご紹介します。

 

実験方法・結果

【方法】

レム睡眠だけを減少させる器具を用いて

レム睡眠不足の状態にしたマウスを

次の2郡に分け、ショ糖や脂質など

太りやすい食べ物に対する摂食行動を観察しました

①レム睡眠を不足させただけの群(対照群)

②レム睡眠を不足させ、食べ物の味や香り、食欲などの嗜好を判断する前頭全皮質の神経活動を抑制した群(抑制群)

【結果】

①の対照群ではショ糖・脂質ともに摂取量が増加。

一方、②の抑制群では脂質の摂取量は増加したものの

ショ糖の摂取量は増加しませんでした。

 

【筑波大学HPより】

 

①の結果から、睡眠時間が不足すると

必然的にレム睡眠が不足し、それが脳に影響を及ぼして

ショ糖や脂質を過剰に食べたくなる仕組みが考えられます。

 

また、②の結果から

ショ糖を食べたくなる欲求は前頭前皮質で

起こっている可能性が示唆されました。

 

このことから、研究チームでは

睡眠時間(レム睡眠)の減少は

エネルギーバランスに悪影響を与え

体重増加につながる可能性が高いと考察しています。

 

睡眠不足がエネルギー代謝に影響を及ぼすメカニズム

2つ目の研究は、人の代謝を測定することで

睡眠時間の短縮がエネルギーバランスに

影響していることを明らかにした実験です。

実験方法・結果

【方法】

若い健康な男性9名を対象として、決まった食事をする中で

下記の①または②の条件直後48時間の

エネルギー代謝を測定しました。

なお、個人差の影響を除くため、2週間の休止期間を挟み

参加者全員①および②の条件でデータ測定を行いました。

①3日間7時間睡眠を行う

②3日間3.5時間睡眠を行う

 

【結果】

睡眠時間を短縮すると(3.5時間睡眠)

夜間のエネルギー消費量が増加するにもかかわらず

1日のエネルギー消費量は7時間寝た時を同じでした。

しかし、睡眠時間が短いと

食欲抑制ホルモン(PYY)が減少し、

空腹感が増す結果が得られました。

 

【早稲田大学HPより】

 

このことから、研究チームでは睡眠時間が短い日が続くと

エネルギー消費量は変わらないのに食欲が増すため

肥満につながってしまうことが科学的に明らかになったと

考察しています。

 

以上、ここで紹介した2つの実験は、仕組は異なるものの

どちらの研究でも睡眠時間の不足が

肥満を招きやすいという結果を導いています。