ノンオイルドレッシングって

本当に身体に良いのでしょうか?

 

そもそも、なぜドレッシングには

オイルが含まれるのでしょうか?

 

それは…

 

野菜に含まれるベータカロチンや

脂溶性のビタミン類などを

しっかりと吸収するためです。

1

つまり、

本来ドレッシングに油は欠かすことができない

大切なものなんですね

 

しかし、ダイエットブームの到来とともに

「油=悪者」という消費者意識ができてしまいました

 

つまり、油が入っていないドレッシングが欲しい

というニーズが生まれ、ドレッシングは

身体に悪いというイメージがついてしまいました

 

ある意味「風評被害」ですね(;^ω^)

 

メーカーも指をくわえてみているわけにはいきません。社員を食べさせていかなければいけませんし、イメージを覆すのは本当に大変

そこで生まれたのが

「ノンオイルドレッシング」

2

 

それ以前に存在した大手企業を批判しながら

販売する手法の会社のノンオイルドレッシングは

とにかく美味しくありませんでした(;´∀`)

 

それはそうです

油は役割があると同時に味付けとしても重要です

 

オイルを抜くと「コク」が

なくなってしまうんですね

 

やはりこれをどうにかしないことには

大衆商品とはなりません

 

そこで活躍するのが

「増粘多糖類」と言われる添加物です

 

でも、これだけでは物足りないので

もう一つ加えます

 

それが「塩」

 

ノンオイルドレッシングは

総じて塩分が高くなっていますので

塩分の制限を受けている方は

できるだけ控えたほうが良いかと思います

 

ひどいものでは

悪魔の砂糖と言われる砂糖界でも最凶の

「果糖ブドウ糖液糖」を使っていて

本末転倒となっているものもありますので

特に注意が必要です(;^ω^)

 

ですので、ノンオイルドレッシングを使うよりは

 

普通のドレッシングを

カロリーが高いという認識を持ちながら

バシャバシャかけず

おいしくいただいたほうが

良いと思いますが

 

問題は「油の質」です

 

残念ながら

そのドレッシングに何の油を使っているのか

イマイチわかりません(;^ω^)

 

やはりサラダにかけるなら

エゴマ油や亜麻仁油、チアシードオイル、

オリーブオイルなど

 

オメガ3系もしくはオメガ9系の

油を使用したいです。

3

 

ここら辺の油は

エネルギーになるばかりではなく

 

細胞膜の原料となるので

お肌にハリができたり

血管が丈夫になったり

 

アレルギーを抑えたり

ホルモンバランスを整えたりと

たくさんの働きがあります

 

 

 

でも、市販のもので

それらが入っているものを探すのは一苦労

 

たとえ入っているものを見つけても

100%その油なのかは不明…(;^ω^)

 

表示の仕方はいくらでもありますからね

 

ですので

ドレッシングはご家庭で手作りのものを作れたら

最高です。

 

思うより手間はかかりませんし

ネットで「クックパッド」を見れば

無料で美味しい作り方を探すこともできます

 

そんなのいちいちメンドクサイ~(◎_◎;)

 

って方は

バイオリンクにも植物性の油が

少しだけ含まれていますので

しっかり飲んでバランスを整えてくださいね

( *´艸`)