『バイオリンク源液ドリンクの特徴』

源液ドリンクは、医薬品のように特定の病気の治療薬ではありません。

ましてや、一時的に症状を抑えられるような対症療法でもありません。

また、ほかの健康食品に見られるような

単なる栄養強化・補給のためのものでもありません。

源液ドリンクの真髄は、人間が本来持っている自分の体を常に健康に保とうとする力

(恒常性維持機能・ホメオスタシス)を活発にしてくれます!

生きる力=恒常性維持機能(ホメオスタシス)

この恒常性維持機能が常にその人の年齢体力に応じて100%の力を発揮してくれたら

健康を保つことができ、病気の起こる余地はないのですが、残念ながらそうはいきません。

乳幼児は体の諸機能が未発達であり、

老人は老化により諸臓器や組織に過剰な老廃物が蓄積し、

機能に欠陥が増えて病気にかかる機会が増えてしまいます。

若い方でも、不摂生・不養生・精神的な疲労・食生活の歪みなどが続くと、

恒常性維持機能が低下し、狂いが生じてしまいます。

さらに歳を重ねることにより、

追い打ちをかけ、ますます病気にかかりやすくなってしまいます。

すなわち、

健康体から病気になる過程は、

恒常性維持機能が低下し、効率が悪くなった状態をいうのです。

この恒常性維持機能の改善は人の体を構成している約60兆個の細胞をひとつひとつ元気にすることです。

これは医薬品にはない力です。

 

きつい症状を抑えるのは医薬品が早いですが、

残念ながら医薬品は細胞を傷付けることはあっても、

元気にすることはありません。

 

逆に恒常性維持機能が弱ったまま医薬品の効果が切れてしまうと、

また症状がぶり返すということになってしまいます。

 

例えば血圧の薬ですが、ほとんどが血管を広げて血圧の数字をコントロールするだけで、

高血圧症の数字を治すことができても、高血圧症自体を治すことができないので、

一生飲み続けなければなりません。

 

風邪薬の場合は症状を抑え込みますが

、ウイルス自体を殺すわけでも追い出すわけでもなく、

それどころか体が追い出そうとして鼻水、咳、熱などを出しているのに

無理やり抑え込むので治す力が弱い方や休めない方などはますます悪化してしまいます。

 

薬を飲んでも悪化する方や長引く方は恒常性維持機能が弱くなっています。

バイオリンク源液ドリンクは、

60兆個の細胞ひとつひとつを元気にし、

恒常性維持機能を活発にし、病気に強くしてくれ、

いきる力を高めます!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バイオリンク源液ドリンク