今日、1月7日は

七草粥の日ですね♪

 

SONY DSC

芹(せり)薺(なずな)御形(ごぎょう)繁縷(はこべら)

仏の座(ほとけのざ)菘(すずな)蘿蔔(すずしろ)

 

。。。と言われていますが

実は地方によって

使われている

具材は昔から違うようです

 

 

長崎では

 

ニンジン葉

カブ・大根の葉

春菊・小松菜

水菜・ネギ

 

これらの野菜が主流だったんじゃないでしょうか?

 

また、手に入る野菜なら

何でもいい

 

なんて地域もあるようです

(;^_^A

 

あまりこだわらなくてもいい

ってことですね🎶

 

春の七草はお江戸で言われてたことが

何の考えもなしに

全国的な教科書的なものになっただけ

 

江戸で食べれる野菜と

長崎で食べれる野菜は違いますからね(;^_^A

当然と言えば当然

 

七草の種類にこだわりすぎず

長崎の地産地消で行きましょう( *´艸`)

 

それよりも

七草粥の「意味」や「由来」に

こだわったほうがいいです🎶

 

お正月おせち料理で

疲れた胃を休め

野菜が乏しい冬場に

不足しがちな栄養素を補う…

 

昔の人は

本当によく考えて

食事をされていたのですね

 

 

お正月のリセットに

 

なかなか

スイッチが入りきれない方は

 

まずは

「七草粥」

 

からスタートするのも

いいですよ♪

 

「おかず」も…

 

お粥だけじゃ

どうも食べたりない…

 

って方は

「ぶり大根」を

一緒に食べるのがおすすめ

 

ぶりも大根も

今の季節

是非、食べてほしい

食材ですし

 

せっかく七草粥で

胃腸を休めるのですから

 

おかずも

あっさりとしたものが

いいですよね

(‘ω’)ノ