「五臓六腑に染み渡る」

という言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか。

 

その五臓とは・・・

「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五つの臓器の事を指します。

4

 

ただ…

漢方の概念から考えられた五臓ですので

現代医学の五臓とは少し異なる捉え方の面もあります。

 

肝臓

肝は全身の気を巡らせ、精神状態(自律神経)を安定させる働きがあります。

また、血液の貯蔵庫として、血流も調整しています。

運動神経系では筋肉の運動を維持し、感覚器系では目の働きに関わり

さらには爪の栄養も担っています。

肝が弱ると感情と理性のギャップに悩み、気持ちが沈んだり憂鬱になったり

意欲が湧かなかったり、決断できなくて迷ったりします。

逆に肝が亢進すると、こうでなければならないと完璧主義に陥り

何事も自分が一番と考え、人に任せなかったり、自分の考えにそぐわないと

イライラして怒りっぽくなったりします。

 

心臓

血液を全身に循環させ、高次神経系の機能を統括しています。

また、心の状態は舌や顔色に反映すると言われています。

心が弱ると勇気が持てず、消極的になったり不安になったり

臆病になり、また夢を多く見たり不眠になったりします。

逆に心が亢進すると、異常に興奮してはしゃぎまわり、落ち着きがなく

発作的な行動をとることがあります。

 

脾臓

ここでいう「脾臓」は現代医学の「膵臓」の事を指します。

膵臓には消化の作用をするところと、ホルモン分泌を受け持つところの2つありますが

このうち消化液を出すところ、消化に関係のある所を「脾臓」と呼んでいました。

食べたものを消化・吸収し栄養物や水分を輸送し、その結果、手足や筋肉を栄養し、

疲れ、だるさを生じさせない役割をしています。

また、血管壁を正常に保ち、血液の漏出(出血)を防いでいます。

脾の弱りは口にあらわれ、味覚や食欲に反映します。

脾が弱るとクヨクヨ悩み、あれこれ迷い意欲をなくし、考えに主体性や一貫性がなくなります。

逆に脾が亢進すると、騒がしく移り気で、気が短くなり、パッパッと何事もせっかちに早く済ませようとします。

 

肺臓

肺に加えて気管支までを肺臓と呼んでいました。

肺呼吸と皮膚呼吸を調節し、体液の分配と排泄に関わっています。

また、体温を調節し、嗅覚にも反映しています。

肺が弱ると感受性に乏しく、機転が利かず、運動能力や反射神経が鈍く

注意力が散漫になり、うっかりミスが多くなります。

逆に肺が亢進すると、周囲が気になり、落ち着きがなく、先々を心配するようになります。

 

腎臓

小便の関係する腎臓と、ホルモンの関係する副腎を一括して腎臓ととらえます。

生命エネルギーの元(精)を蓄え、成長、発育、生殖などに深く関わり

腎臓における水分の排泄と再吸収を担っています。

さらに骨・歯を作り、脳にまで通じています。

また、腎の低下は耳や髪、尿道、肛門にあらわれやすいです。

腎が弱ると、やり通そうとする信念が弱く、根気、忍耐力がなく、

守りに入るため用心深く、出し惜しんだり、警戒心も強まり、

恐怖感を持ちやすく、決断力が低下します。

逆に腎が亢進すると、図々しく無礼で、口と腹が違って本音を出さなくなります。