脂肪と聞くと思いだされるのが「皮下脂肪」

しかし、他にも中性脂肪やコレステロールなど

いろいろな脂肪の名前を聞くことがありますが

それぞれどう違うのでしょうか?

 

「脂肪の種類は主に3種類」

 

中性脂肪

皮下脂肪

皮膚の下について細胞の「数」を増やして体脂肪を蓄えていきます。

溜まりにくいタイプの脂肪ですが、一度ついてしまうと分解されにくいので

なかなか減りません。

 

内臓脂肪

肝臓や心臓など内臓の周りにつきます。

主に脂肪細胞の「中身」を膨らませて体脂肪を蓄えます。

溜まりやすく分解されやすい脂肪です。

 

血中脂肪

血液の中に溶けている脂肪です。

動脈硬化などを引き起こし、糖尿病、高血圧症、高脂血症などの

生活習慣病となりやすい脂肪です。

 

コレステロール

HDL(善玉)コレステロール

身体の隅々の血管壁にたまった悪玉コレステロールを抜き取って肝臓に運び

動脈硬化などを予防します。

 

LDL(悪玉)コレステロール

肝臓のコレステロールを身体の隅々に運びます。

血管壁にこびりつきやすく動脈硬化の原因となります

 

リン価

細胞膜を作る成分。

本来は水に溶けない脂肪細胞を、水になじませる性質を持ちます。

リン価に包まれると、中性脂肪などが分離せずに血液中に溶けだすことができます。

目には見えません。

 

 

これらすべてを合わせて、「体脂肪」と呼んでいます。