便秘とは?

「便秘」とは、腸の中で大便が滞った状態です。

便秘のはっきりとした定義はなく、一般的には「3~4日以上便通がない」場合に

便秘と言われることが多くあります。

ただ、毎日排便があっても「スッキリ便が出ない…」「便が硬い…」といった

症状を不快に感じていれば便秘という事もあり

排便の頻度や不快感の有無で判断します。

 

便秘のタイプ

①機能性便秘

腸の働きが鈍くなったり、痙攣するなど、機能が悪くなって起きる。

機能性便秘はさらに4つの種類に分けられます

・食事性便秘

原因…繊維の少ないかたよった食事、ないし小食

養生…繊維の多い野菜や果物を意識的に摂取する

・直腸性便秘

原因…度重なる排便刺激の無視、下剤・浣腸の誤用や乱用

養生…規則的な排便習慣の確立

・弛緩性便秘

原因…大腸の緊張の低下・運動の鈍化

腹筋力の衰えのため排便時に十分な腹圧が得られない。

養生…繊維の多い食事、適度な運動

・痙攣性便秘(過敏性腸症候群)

原因…ストレス

②器質性便秘

腸で潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性の病気を起こしていたり

ポリープなどができるなどして腸管内が狭くなり

便がスムーズに通過できないために起こります。

 

女性が便秘に悩まされやすい理由とは?

①女性ホルモンの影響

女性ホルモンの「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は

大腸の蠕動運動を抑える作用があります。

そのため、黄体ホルモンの分泌が活発になる排卵~月経までの期間になると

便秘しやすくなります。

②筋力不足

一般的に男性に比べ女性のほうが筋力は弱いものです。

腹筋は便を外に押し出すのに必要な筋肉で

その力が弱いため、便秘になりやすくなります。

③ダイエットと水分

ダイエットに取り組む女性は多く、食事を制限することによって

便の嵩が減りますし、食物繊維や水分の摂取量も減るため

便が硬くなってしまい出にくくなります。

 

便秘が高齢者に多い理由

①食事の量が減る

高齢になると、若いころに比べて食事の量が減ってきます。

それに伴い大便の量も少なくなるため

便意を催しにくくなります。

②腸の働きが低下する

加齢に伴って、腸の働きが低下し、大便が腸にとどまる時間が長くなることによって

便が硬くなって出にくくなります。

③便を押し出す力が弱くなる

排便するときに必要な腹筋や肛門括約筋が弱くなってしまい

便を押し出しにくくなります。

④便意を感じにくくなる

大便が直腸に到達すると、直腸の神経が感知して大脳を刺激し

便意を感じますが、加齢に伴い直腸の知覚が低下して

便意を感じにくくなり、そのため、排便のタイミングを逃し

直腸性便秘となってしまいます。

 

実性便秘と仮性便秘

漢方ではこれとは別に便秘を実性便秘と仮性便秘に分けます。

実性便秘

・体力がある人の便秘

・1~2日排便がないと強いのぼせなどの不快感が出る

・下剤を服用しても平気、むしろスッキリする

仮性便秘

・体力がない人の便秘

・3~4日排便がなくても、不快感はない

・下剤を服用すると、腹痛を起こすタイプ

 

その他

これらのほかにも、胆汁分泌不足や睡眠時間の不規則

服用中の医薬品の副作用なども

便秘の原因となることもあります。