平成29年9月1日より、食品表示基準が改正されました。

これにより、一部の加工食品のみに義務付けられていた

原材料の産地表示が、すべての加工食品に拡大されます。

 

原料の原産地表示を商品選択に利用している消費者が多いことから

今回の改正が行われました。

 

当店が取り扱いする

健康食品、機能性表示食品なども対象に含まれます。

 

今まで原料の原産地が表示されていたのは

消費者庁が指定する22食品群と4品目だけで

表示方法も「国別重量順表示」という1通りだけでした。

 

今後は、すべての加工食品の重量割合が最も多い原材料について

その原産地が表示されます。

 

表示方法も「国別重量順表示」のほかに

「製造地表示」「又は表示」「大括り表示」などが加わりました。

 

「国別重量順表示」は対象原材料について

使用割合の高い地域から順に、原産地を記載する表示方法です。

 

seri1304100702.gif

 

「製造地表示」では、

重量割合の1番多い原材料が加工食品である場合、

その製造地を表示します。

 

原産地が複数国にまたがる可能性のある場合、

「又は表示」「大括り表示」をします。

使用が見込まれる重量割合の高いものから順に

「又は」でつないで表示する「又は表示」。

3か国以上の外国の原産地表示を「輸入」と括って表示する「大括り表示」

さらに、これらを組み合わせた

「又は表示+大括り表示」という表示方法もあります。

 

「国産」と「国内製造」の違いとして

「国産」は原材料が生鮮食品である場合に表示され

その産地が国内であることを意味します。

 

「国内製造」は原材料が加工食品である場合に表示されその加工食品が国内で作られたことを意味します。

誤解を生みやすいのが、「国内製造」の場合

加工食品に使われた生鮮食品の産地が、

国産であるという意味ではないので注意が必要です。

 

この新表示への移行期間は平成34年3月末までとなっています。

今のところ、まだお目にかかる機会は少ないとは思いますが

各メーカーとも順次対応していく事になると思います。