今年はとにかく暑いです!

 

熱中症には特に気を付けてほしいのですが

そのあとにくる「夏バテ」の予防も

大事な年ですね!(^^)!

「食欲不振」「体が疲れやすい・だるい」

が代表的な症状で

 

人によっては

「下痢」や「嘔吐」「頭痛」「めまい」などが

起こる人もいます。

 

夏バテと聞くと

夏真っ盛りの時のイメージですが

 

ピークは暑さが落ち着いたころの

秋口です。

 

やっと暑さが落ち着いて

過ごしやすくなるころに体調が悪くなる方が

多いのはこのためです。

 

では、どういった人が

「夏バテ」になりやすいのかというと

 

①  冷たい飲み物が多くなる

キンキンに冷えたビールや

ジュースに氷を入れてグイグイ飲んだり

アイスを毎日食べたりしていると

胃腸がどんどん冷えてしまいます。

胃腸が冷えてしまうと活動が鈍くなって

代謝も低下し太りやすく疲れやすい体質となり

夏バテにもつながります(;^ω^)

 

キンキンに冷えたものは美味しいですけど

飲みすぎには注意してくださいね。

 

②  寝不足

夏は花火大会やビアガーデン・飲み会、お祭り

など夜更かしをする機会も増えます

 

さらに今年は何といっても

「オリンピック」の年。

 

どうしても夜更かしが増えてしまいますね(;^_^A

 

そんな方は「睡眠時間」よりも「睡眠の質」を

高めることを考えるのもアリです。

「バランスターWZ」を試してみてくださいね♪

 

③  シャワーのみで浴槽につからない

特に冷房の中で一日を過ごす人は

お風呂につかって血行を良くしてリラックスして汗をかいておかないと冷え性へと向かい

暑さに負けやすくなってしまいます。

 

入浴は睡眠の質にもかかわってくるので

是非、夏でもつかる習慣をつけましょう。

 

④  栄養の偏り

夏は基本的に食欲が落ちるものです。

冬と比べて食べれないというのは

当然の事なんですが…

 

そうめんやうどん、そば、おにぎりだけ

という食事が多くなると、炭水化物ばかりに

栄養が偏ってしまいます

これにアイスが加わるとますます炭水化物ばかりに

 

夏は汗をかく分、ビタミンやミネラルが

消耗してしまうので多量に必要な季節です。

炭水化物をエネルギーにするときも

ビタミン・ミネラルは必要。

 

このような食事だと生半可な野菜の量では

補いきれません。

 

ビタミンB1が豊富な豚肉なども食べてほしいです。

どうしても栄養バランスを考えれない方は

「バイオリンク」をしっかりと飲んでおいてくださいね!

夏バテの予防には最適ですので(@^^)/~~~

 

こういったところを考えながら

オリンピックを楽しみ、暑い夏を元気に乗り越え

 

楽しく過ごしやすい秋を迎えましょうね~

( *´艸`)