『悪玉』と名前がつけられ

 

ものすごく

誤解されていますが

 

悪玉だって

体には大切な栄養素なんです。

 

ですから

最近では、「悪玉」という

言葉は使わず

 

 『LDL』

(低比重リポたんぱく)

という言葉を使いますね

 

血液検査の

結果でよく見ると思います。

 

このLDLは

細胞膜やホルモンが

正常に作られるために

 

とても大切な働きをしている

栄養素なんですね

 

 

ですので、

市販にある

「コレステロール0」の油

というのを選んで

健康っぽい感じですが

 

かえって

良くないことも。。。

 

コレステロールの「量」

を考えるより

 

「質」を考えて

オリーブオイルやごま油

などを使うといいですね。

 

———————

 

とはいえ。。。

 

多すぎるとやはり

体の害になるので、

 

質の悪い油は

極力、少なめにしたいですね♪

 

少なくして欲しい油は

 

乳製品に含まれる油

外食産業で使われるラード

肉類に含まれる油

 

マーガリン、ケーキ、菓子パン

インスタントラーメン

などに使われている

トランス脂肪酸型の油

 

などです。

 

ご参考に~

ヽ(・∀・)ノ