春は不眠の季節

「春眠暁を覚えず」といいますが

実は春という季節は意外と眠れなくて悩む方も多い季節なんです。

 

中医学の考え方では

春というのは、五行説の中で肝に当てはまります。

4

肝と春

冬の寒さに耐えた植物が

春の温かさと共に新芽を出します。

この時、植物は先へ先へと伸ばそうという力が働いています。

 

五行説に書いてある肝も同じで

先へ先へ伸ばしたり(成長)栄養物を先へ先へ届けたりする働きがあります。

 

なので、春は肝が活発に働くとされています。

春に不眠になりやすいタイプ

通常の方は良いのですが

日頃から睡眠不足や肉体的、精神的負担が続いてる方や

アルコールを毎晩飲む習慣のある方は

肝のバランスが崩れやすいです。

 

そのような方は

春になって肝が活発に働くと

一気にオーバーヒート(熱)になってしまいます。

 

この熱が「心」へと飛び火してしまい

もともとの「心の熱」を助長してしまいます。

陰陽五行説-450x420

普段は「腎の水」が「心の火」を抑えているのですが

「肝の熱」が「心の熱」を助長させることで

抑えられなくなり

k_13_image_01

「不安」「不眠」「動悸」などの症状が出やすくなります。

 

そんな時はまず「心」と「腎」の関係を改善する天王補心丸が有効です。

tennno

天王補心丸は「腎の水」を増やし「心の熱」を抑えることで

これらの症状を改善させます。

720丸 (30.日分) 6800円(税抜き)

ワンポイントアドバイス

このような症状をお持ちの方、もしくは花粉症、湿疹が出るような方は

タケノコやフキノトウ、ワラビ、ゼンマイなどの

アクのある春先の食べ物、刺激物、香辛料などは控えたほうがいいですよ(@^^)/~~~