春の季節は「肝」と深く関わっており、

その「肝」が弱りやすくなる季節が「春」です。

 

古来から「肝は目を養う」と言われるほど

「肝」と「目」は非常に深い関わりがありますので

肝がが弱ってしまう事で、目にも不調が出やすくなります。

 

春になると出やすい目の症状

目の奥が痛い!

目が疲れやすい!

ピントが合いにくい

夕方になるとしょぼしょぼする

朝起きても充血が取れない

目が乾燥しやすい

 

飲む目薬「ニューアイリタン」

目薬では目の奥まで栄養を与えることが難しいです。

目は多くの栄養素を必要としますが、自分で作り出すことはできないので

肝臓から栄養素を目に供給しています。

目の症状は肝臓の弱りによる栄養失調状態が原因で発生します。

ニューアイリタンは古来より肝臓の働きを助けながら

目の働きを助けてくれる「鯉の胆」「菊の花」「ヤツメウナギ」「クコの実」「フカヒレ」などの

生薬を配合した天然原料の健康補助食品です。

じっくりと肝臓を強化しながら輝く目を取り戻しましょう!

4.2 JP

ニューアイリタン

1日6~9粒を目安

130粒 6000円(+税)

300粒 12000円(+税)

おまけ

疲れ目、肩こりに!カンタン体操

①目をギュッと閉じて、パッと開く。これを5回繰り返します。

 

②その後、眼球を上下にゆっくり動かし、さらに左右にも動かします。

 

③左右の手のひらを耳の後ろ(後頭部)に当てて、耳の後ろを5回ほど円を描くようにゆっくりマッサージします。

そのまま徐々に下にずらしながら、首筋もほぐします。

気もい良いと思う感覚が力加減の目安です。