『水を2L飲みましょう!』

と言われて

頑張って飲んではいるけど、結構大変なんです…

と言われる方多いです(^_^;)

 

水って

本当にそんなに必要なんでしょうか?

 

まず、水の出入りのお話

 

水の出納

栄養学の本から抜粋させていただきますが、

体内の水分量は一定に保たれるようにできています。

 

つまり、摂取した水分量と同じ水分量が排泄されるわけです

 

その逆も然りで

排泄された分は摂取しなければいけないわけですね

 

そのために

「のどが渇く」という

生理現象が起こるわけです。

 

で、一般的に1日当たりの水の出入りの量は2L程度

と言われているので、単純に2Lの水を飲みましょうね

と言われるわけなんですが…

 

ここまでだと

なるほど!じゃあやっぱり2Lの水分補給は必要ね!

と思ってしまいがちですが…

 

「違います!!」

 

上の図を見てほしいのですが

『摂取量』には

「飲み水」のほかにも「食べ物」に含まれる水分と

栄養素が体内で代謝されるとき生じる水分(代謝水)

などもあるわけなんです。

 

ですので、飲み物だけで2L

というのは残念ながら

「NO」ですね(^_^;)

明らかに、飲みすぎになります。

ついでなので

もうちょっと深く考えてみましょうか♪

 

「事務仕事の人」「現場仕事の人」「スポーツ選手」

同じ水分量でいいでしょうか?

 

「子供」「20代の男性」「60代の女性」「90代の男性」

皆さん!2Lの水を飲みましょうね~

 

って…

おかしくないですか?(~_~;)

 

年齢や行動量、職業柄などで

排泄量は変わってくるのは当然のこと!

 

ですので

国民皆2Lというのはおかしな話なんです

 

一つの目安としては大事ですけどね(^_-)-☆

 

ですので

のどが乾いたら飲む!

つまり「本能」をしっかりさせるということが大事です!

 

それを狂わせやすいのが「コーヒー」や「お茶」など

咽が渇いたから飲むのではなく

習慣的・嗜好的に飲んでる水分。

 

こういう飲み方をすると

「本能」が狂ってしまう可能性がありますし

 

カフェインの利尿効果により

排泄量が増えてしまうということもあるので

注意が必要です

 

また

よくお年寄りはのどが渇く感覚が鈍くなり

水分補給は気をつけましょうと言われます。

 

確かに一理ありますが

 

ほとんどのお年寄りは

朝昼晩、一日3回

お薬を大量に服用しています

 

その時に水分補給は十分している方も多いです

 

ですので

お薬をたくさん飲まれている方は

水分量を摂ろうと意識しすぎず

どちらかというと

飲みすぎないように気を付けるのも大事ですよ

(^^♪