火邪と熱邪は同じ性質を持ちますが、程度に違いがあります。

邪気の強さでいうと、火邪>熱邪となります。

また、寒邪、湿邪が長く体内にとどまると

火邪、熱邪に変化することがあります。

b-netsuja01

火邪・熱邪の病証

熱感がある

発熱、熱っぽい、ほてり、冷たいものを欲しがる、顔が赤い

尿が濃く黄色いなどの症状をあらわします。

また、冷やすと症状が緩和し、

熱を加えたり、暑い日には症状が悪化するという特徴があります。

炎上性がある

炎はメラメラと燃え盛る火の事。

熱邪も同じく炎のように上に昇る性質を持ちます。

具体的には上半身、特に頭面部の熱症状をあらわしやすく

例えば、のぼせ、目が赤い、口が渇く、舌が赤い、口の中に潰瘍ができる

頭が割れるように痛い、拍動性の頭痛があるなどの症状は熱邪によるものと考えられます。

神明を侵す

熱邪はよく精神意識に障害を与えることがあります。

具体的にはイライラして落ち着かない、興奮して眠れないなどの症状が現れます

甚だしいときは、言語が不明瞭となり、狂乱、意識不明などがみられます。

開泄(発散)する

熱邪が体を侵すと汗孔が開き、汗が大量に漏れることがあります。

t02200308_0800111912115646468

気・津液を消耗する

熱邪が体内に侵入すると、必要以上の汗を体外に出します。

そのため、津液が消耗され、皮膚が乾燥する、のどが痒くなるなどの症状が現れます。

また、汗とともに気も体外に出るため、気が不足し疲れやすい、だるいなどの症状が現れます。

発疹・出血しやすい

熱邪が血に侵入することがあります。これを血熱といいます。

血熱の特徴的な症状は発疹と出血です。

発疹は赤みや痒みが強く、入浴などで熱を帯びると、

さらに悪化する傾向があります。

また、血熱では血の流れが速まり、出血しやすくなります。

具体的には、脈拍が早くなると同時に鼻血・不正出血・皮下出血など

出血症状が現れ、出血の色は鮮紅色です。

痙攣する

熱邪が極まると内風を生じ、動きを伴う症状が現れます。

これを熱極生風と言います。

具体的には突然の全身の硬直、全身の痙攣、筋の痙攣、筋のひきつれなどの

症状が現れます。

 

熱邪の病証

熱邪が表に侵入したときの症状

発熱・汗が出る(自汗)、頭痛、のどの痛み、口渇、黄色い鼻水など

05

熱邪が血に侵入したときの症状

赤い痒みがる発疹、鼻血・吐血・血尿などの出血症状

発熱、目が赤い、イライラして落ち着かないなど