燥邪の特徴

乾燥する

乾燥の最大の特徴は乾燥です。

自然界が乾燥する時期や乾燥した地域で発生します。

日本では秋の終わりから冬にかけてよく見られます。

具体的には、口、唇、鼻、皮膚の乾き、口渇、大便乾燥などの症状が現れます。

souzya

肺を傷りやすい

燥邪が体内に侵入すると肺を侵すことが多い

具体的にはのどの乾燥、口渇、空咳、あるいは頭痛など

燥邪の病証

口、鼻、のどの乾燥、口渇、空咳、あるいは頭痛など。