風邪の引きはじめの漢方薬として有名ですね(*^-^*)

ただし、風邪の引きはじめを症状が出てから2~3日と

勘違いされておられる方も多いです。

 

葛根湯の有効時期は

背筋がゾクゾクっとしたとき!

 

あれ?風邪かな?おかしいな~?

くらいの時に飲んでくれるとサクッと効いてくれます!

 

鼻水がダラダラ出たり、鼻がつまったり、喉が腫れてしまったり、咳が出だした時に

葛根湯を飲んでもあまり、効いてくれません

 

あくまでも、葛根湯は

おかしいな~というときに

できれば、2時間おきくらいにサク!サク!サク!と一日分を飲んで

サッと体温上げて、サッと発汗してくれると

次の日にはケロッと何事もなかったかのように治ってくれます。

 

JPS葛根湯液

fjdrug_4987438010589

JPS葛根湯液 1本450円(+税)

3本1334円(+税)

一番お奨めの高濃度エキス剤です。

当店でも一番売れている葛根湯です。

 

漢方煎専科 葛根湯

katukon

1日分 350円(+税)

煎じて飲むタイプの葛根湯です。

5分ほどで当店で煎じて服用頂くこともできます。

すぐに飲めるので、すぐに効果を実感したい方にお勧めです

 

JPS葛根湯エキス顆粒

5200013D1093_003

1日分300円(+税)

散剤になっているタイプです。

液や煎じ薬が苦手な方は粉末の葛根湯を選ばれます。

 

*お湯に溶かしたほうがいいんですか?とよく聞かれますが

JPS漢方さんの散剤は溶け残りますから、溶かさないほうがいいと思います

普通に白湯で服用ください。

 

コタロー漢方 葛根湯

5200013C1039

1日分300円(+税)

コタロー漢方さん独自の技術で

お湯に溶かすとすっと溶ける散剤となっています。

コタロー漢方さんの「湯」とつく漢方薬は

お湯に溶かしてご服用いただけると効果的です。

 

1日2回タイプの葛根湯

4987045068423 4987107604972_1

 

カネボウ専科 葛根湯 5日分 1800円(+税)

カコナール2 1日分 933円(+税)

 

JPS葛根湯液や他メーカーの散剤と比較すると

エキス量の割には安売りをしても割高感を感じますが

CMでの露出の影響のおかげかご指名でご購入される方が多い商品です。

葛根湯は1日2回を朝と晩に飲んでてもあまり意味はないと思います

2時間おきに2回飲んでくれた方がよく効きます。