こんにちは

ドラッグエンゼルです

 

一年を通すと

市販薬の中では

一番、服用する機会が多いのが

 

「解熱鎮痛薬」

かもしれませんね

 

といっても

種類も豊富ですし

 

いつの間にか始まった

セルフメディケーション

 

自分の薬は

自分で選びましょう

 

と言われても

戸惑う方も多いと思いますので

 

少しずつ

できるだけ簡単に説明していきますね

 

ということで

解熱鎮痛薬シリーズを

7回にわたり

アップしていきます

 

1回目は…

 

【アスピリン】

 

有効成分は

「優しさとぼったくりから

できている」

 

と揶揄されることが多いお薬です。

 

ピンときました?

「バファリン」ですね

(^_^;)

 

「アセチルサリチル酸」

「アスピリン」

 

名前は違えど同じものです。

 

100年以上の歴史があり

 

完全合成された

初めての医薬品として

知らています。

 

CMでは

「胃に優しい」

 

と言われていますが

アスピリン自体は

胃に負担がかかります

 

バファリンの場合は

胃薬を一緒に配合

しているので

胃に優しいと言えるだけです

 

鎮痛効果は「並」

といったところ

 

ただ、15歳以下は

インフルエンザ時に飲むと

ライ症候群

(昔、インフルエンザ脳症と呼ばれていた病気)

など、

 

強い副作用があるので

飲まないようになっています。

 

最近では

売り出し商品になったり

PB商品も数種あるので

 

気軽に変える薬ですが

使用には気を付けながら

服用してくださいね

ヽ(・∀・)ノ

 

 

薬は

必要以上に

怖がることはありませんが

 

必要以上に

頼るのも良くないです。

 

これは

市販薬も病院の薬も

同じです。

 

ちゃんと知って

ちゃんと飲む

 

これが大事ですよ

ヽ(´▽`)/

 

本当は

ちゃんと相談して

買ったほうが

いいんですけどね…

(^_^;)