「せいじょうけんつうとう」と読みます。

「蠲」は除き去るという意味

「上」部(頭部)のうつ熱を「清」して、痛みを取り去るという意味の処方名になっています。

 

処方構成

解表薬

菊花・曼荊子・姜活・白芷・防風・細辛・生姜

祛風薬

蒼朮・独活

活血薬

当帰・川芎

清熱薬

黄ゴン

潤肺薬

麦門冬・甘草

 

14味配合されている生薬のうち、7味が解表薬となっています。

さらに、風と湿を発散させる蒼朮と独活。血行を良くして痛みを止める当帰と川芎が配合されていて

処方のほとんどが「痛み」に対する構成となっています。

 

効能

風を去り、気を巡らし、気を引き下げ、水湿を払い、頭部の血滞を巡らし、そして内寒をとる処方構成となっていることから

頭痛ならば、風邪をひいたときに起こるものから、原因のわからない片頭痛、群発頭痛などの機能性頭痛に至るまで、幅広く使用することができます。

また、三社神経痛などの顔面痛にも奏功します。

菊花・曼荊子配合なので、目にも良い漢方薬となります。

 

 

片頭痛を根本から改善したい方!

鎮痛薬を飲む回数を減らしたい方!

頭痛の回数を減らしたい方!

 

是非、ご相談ください

74f68de02f755349f8481c375a200bfe

 

1日分 400円(税込み)

1か月分 10800円(税込み)