四物湯ベースの漢方薬

サイロヤング錠は

「漢方の高血圧の薬として有名です」

 

「四物湯」という

血を補う漢方薬がベースとなっている漢方薬です。

 

「四物湯」とは

血液循環量不足からくる、全身栄養状態不足に

使う漢方薬ですが、四物湯を単独で使う事はほとんどありません。

 

この「四物湯」をベースにして

いろんな生薬を組み合わせて

様々な体質や症状に合わせた漢方薬の

組み合わせを作っていくのです。

 

サイロヤング錠の構成の特徴

サイロヤングの場合は

「四物湯」+釣藤鈎+黄柏+黄耆

の組み合わせとなっており

 

「血虚生風」に効果を発揮する漢方薬となります。

 

「血虚生風」とは

血液の循環量不足に伴う

ふらつきやめまいのこと。

 

多くは首を動かすことが引き金となって発症します。

 

このような症状を目標に

「サイロヤング錠」を服用するのです。

 

こういった症状がある人は、血圧も高いのです。

 

サイロヤング錠に含まれる

「釣藤鈎」には血圧を下げる効果があるのですが

 

血虚の高血圧の場合

ただ血圧を下げてしまうと

脳に十分な血液が届かなくなり

症状が憎悪しながら反復したり

認知症の原因となってしまう事もあります。

 

ですから、血を補う「四物湯」と

血を養う血からを強化する「黄耆」

血液不足による内熱を予防する「黄柏」が

配合されているので

「血虚の高血圧」には非常に理想的な

血圧の薬になっています。

 

血圧の数値を下げるだけじゃない!

しかも、ただ「血圧の数値」を下げるだけの薬ではなく

体質改善しながら、

めまいやふらつきなどの症状をとり

高い血圧が必要ない体へと向かわせてくれる漢方薬です。

 

ただし、血液の材料となるのは

毎日食べているものです。

これが乱れがちだと、せっかくのサイロヤング錠も

上手に働いてくれません。

 

もし、食事内容に自信が持てなければ

バイオリンクも併せて飲んでいただくことを

お勧めいたします(*^-^*)

 

12-02