漢方薬ってこんなもの! No.17 夏バテの漢方薬

夏バテしてしまったとき

どうすればいいのか

 

まずは「胃腸の調子を整える」

ということが第一になります。

 

夏バテの一番の症状は「食欲不振」

とにかくこれをどうにかこうにかしないことには、次のステップにも進めません

 

胃腸が弱っていると、

しっかりと栄養を摂れませんし、

それに伴い「元気」や「やる気」も

みなぎりませんからね。

かといって、無理やり食べようとしても

さらに胃腸が疲れて症状を長引かせることになってしまいます。

 

だから、自然と食欲がわくように

導いていく事が大事。

それができるのが漢方薬なんですね

 

例えば

「人参(にんじん)」「白朮(びゃくじゅつ)」「茯苓(ぶくりょう)」などを配合している漢方薬をベースに考えます

 

次に「血行を整える」

血行が乱れたままだと

新陳代謝がうまくいきませんし

せっかく、食欲が出てきて栄養を摂れても

それを全身に回す力がなければ

やはり回復に時間がかかってしまいます。

 

だから、血行を良くして栄養を回す

生薬が大事になります

それが

「当帰(とうき)」「芍薬(しゃくやく)」「川芎(せんきゅう)」「地(じ)黄(おう)」です

 

そして、「水分代謝」も改善します。

夏バテの時は浮腫んだり、体が重怠くなったり

スッキリしないこともあります。

 

これを解消するために

「白朮(びゃくじゅつ)」「茯苓(ぶくりょう)」が活躍します。

 

そして、「体自体を元気にする手助け」も

大事。

 

「山(さん)薬(やく)」「大蒜(にんにく)」「半皮(はんぴ)」がすごく助けてくれます!(^^)!

 

まとめると

①    胃腸の調子を良くして

↓↓↓

②    栄養をしっかり吸収できるようになり

↓↓↓

③    血行を整えて

↓↓↓

④    吸収した栄養を全身にしっかり回す

↓↓↓

⑤    水分代謝を改善して

↓↓↓

⑥    むくみや重だるさをとり、スッキリさせて

↓↓↓

⑦          元気にする!

 

という働きをしてくれる漢方薬が

夏バテの時にはほしいですね。

 

それが

「パナパール」です!

 

夏バテかな~?

と思ったら是非、試してみてくださいね

(@^^)/~~~