化粧品でちょっと知っておいてほしいことです。

シミ、たるみ、くすみ、肌荒れ

トラブル肌の原因は年齢、紫外線、食生活、ストレスなどなど、いろいろあるのですが、実は。。。

使っている化粧品の影響で、お肌を酸化・老化させていることも多いのです!

ショックですよね(-_-;)

では、何が悪いのかというと合成界面活性剤」です!

 

今のお化粧品、ファンデーションも口紅もアイメイクも簡単にはよれない、崩れないというのがセールスポイントになってますね。実際にお化粧品の中身を見ると、ほとんどカタカナ名ばかりでよくわからないものばかりですが…

合成界面活性剤、合成着色料、鉱物油、色素、合成アルコール、防腐剤、溶解剤、酸化防止剤

大体ここら辺をこれでもか!ってくらい使ってます(;゚Д゚)

そうでないと、よれないファンデーション!落ちない口紅!なんて夢のような化粧品は作れないですよね(^-^;

 

よれないってことは、それだけ油の量をたくさん使うってことですし、そのお化粧品を落とすためには、そんじょそこらのクレンジングでは落ちない!ってことです!だから、合成界面活性剤を大量に使う必要があるんです!

それで落ちるんなら、それでいいんじゃない?と思うかもしれませんが

強い合成界面活性剤を使うと、洗えば洗うほど乾燥してしまうんです。これが問題なんですね~トラブルの原因になるんですね~

そこで!保湿剤やクリームを使うんですが。。。そこにもまた潜んでます!合成界面活性剤(;´・ω・)

使ったときはいいんですが、どんどん乾燥はひどくなってしまいます。そうなると軽い化粧品では物足りなくなってしまい、油性分の多い化粧品を求め、ますます乾燥がひどくなっていく「沼」にはまってしまいます。

 

この「沼」にはまってほしくないし、すでにはまっている方はこの「沼」から抜け出てきてほしいんです!

 

じゃあ、なんで、そんなものを使うのか?

「そんなに悪いものなら、最初から使わなければいいんじゃないの?」

その通りですよね。でも、化粧品メーカーにとって合成界面活性剤は使わざるを得ないものなのです。

理由は3つあります。

1皮膚から化粧品を浸透させるため

もともと、化粧品ってお肌から浸透できないのです。これ知った時は私もショックでした。。。化粧品に限った話ではないんですが、お水もそうですよね。お風呂に入って水が吸収されて太りました!なんて方はいないですよね(^-^;皮膚に浸透させるためには界面活性剤は化粧品作りには必要不可欠なものなんです!

2水と油を混ぜるのに必要不可欠

化粧水、美容液、クリームは基本、水と油で作られます。水と油って混ざらないですよね。水と油を混ぜられないとしっとりとした感触の良い化粧品が作られないのです。

例えば。一番身近な合成面活性剤と言えば食器用洗剤ですね

水洗いだけじゃ落ちないフライパンの油汚れが合成界面活性剤(洗剤)と混ざってスッキリ落としますね。これが合成界面活性剤のパワーです!すばらしい。。。でも主婦の方はもうお分かりですよね。この洗剤を使い続けると手はどうなりますか?そうですね!めちゃくちゃ乾燥します!では、スポンジで泡立てず、洗剤原液のまま油汚れを擦ってみてください。クリーム状のものができますから。これが安価なクリームの作り方です。

3安くて便利

安いんです。合成界面活性剤は。

お肌にやさしい自然派の植物性界面活性剤になると6倍以上の価格になります!メーカーとしてはできるだけ値上げはしたくないので企業努力として合成界面活性剤を使わざるを得ないんですね。

 

これら、3つの理由のためにどうしても合成界面活性剤を使わざるを得ないのが実情なのですが、私たちはアトピーの方や、敏感肌の方、いつまでも若々しいお肌を保ちたい方に、自信をもってこれなら大丈夫!本当にお肌にやさしいよ!と言えるものが欲しかったのです!それが今回のプリモワーノのクレンジングなのです!

プリモワーノのクレンジングは「ゲル」タイプ。クレンジングの基材に油ではなく特殊なゲルを使うことで、合成界面活性剤不使用の化粧品を作る事が出来ました!

お肌を乾燥させることなく、キレイなまま、しっかりとメイクを落としてくれる本当のやさしさを持つクレンジングなんです!

プリモワーノクレンジング 朝夜4プッシュずつ使用でおよそ25日分 4400円(税込み)