シャンプーや化粧品を選ぶとき、ふと目に入る言葉「パラベンフリー」という表示。なんとなく、入ってない方が良いんだろうなと思っているけど、何が悪いのかまでは知らないって方も多いのではないでしょうか?

何のために入れてるの

身体に悪いんだったら、そもそも入れなきゃ良いのに!なんでわざわざ入れるんだろう?って思いますよね。それでも、ちゃんと入れなければいけない理由はあるんです。まず、化粧品は未開封の状態で「3年間」品質が保持されなければいけないというルールがあります。そのためには「防腐剤」を使わないと品質は保持できないんですね。

実は安全性のためのパラベンだった

パラベンは実は広い範囲の微生物に対して抗菌力があり、毒性も低く、安全性も高いことから、最もポピュラーな防腐剤としてたくさんの種類の化粧品に使用されています。

じゃあ、気にしなくていいの?

一般の元気なお肌の方はそこまで神経質にならなくても良いかもしれません。が、広い範囲の微生物に対して殺菌効果があるため、悪玉菌だけじゃなく、「美肌菌」と言われている善玉菌までも殺してしまうのがデメリットです。
また、敏感肌やニキビ肌、アトピー肌の方などで、お肌に傷がある方は、そこからアレルギーを起こすリスクが高いので、注意が必要な成分なんです。

パラベンフリーで気をつけたいこと

トラブル肌の方は化粧品はパラベンがトラブルの元なのだということは、知っておいてほしいことですが、「パラベンフリー=安全」と限らない!とも思っておいてください。「パラベン」という言葉を使わないためだけにパラベンを外し、違う防腐剤が入っていて、それがかえって危険なものってこともあります。ですからパラベンの代わりに何が使われているのか!がとても大切だということですね。

プリモワーノはどうなの?

プリモワーノの化粧品は「ワサビ根発酵エキス」という天然の防腐剤を使っています。
お寿司やお刺身には抗菌のためにワサビを使いますよね。そのくらいワサビには抗菌作用があります。大腸菌や黄色ブドウ球菌など抗菌の範囲は限られますが、これらに対しての抗菌力は強く、しっかりと品質を保持してくれます。さらに「抗酸化作用」「肌荒れ防止」の働きもありますから、健やかなお肌を保つのにも、役立つ天然の防腐剤なんです。
でも、ワサビって刺激がありそうって思いますよね。そのために発酵という過程を経て刺激をなくして実用化できるようになったんですね!