長崎のダイエット相談、慢性病漢方相談薬店ドラッグエンゼルの城尾寛樹です

 

70代の女性の方に

「お母さんの料理を作れますか?」と質問すると

ほとんどの方が

自信満々に手を上げるそうです。

 

次に

「その料理を娘さんに伝えましたか?」と質問すると

ほとんどの方が

手を下すそうです。

 

ダイエット相談でも漢方相談でも

どうしてもお食事の話になるのですが

 

40代以下の方に

「何を食べていいのかわからない」

という方が顕著に増えてきます

 

60代以上の方になると

母親からの教えをすべて排除している方が増えます

 

意外と多いのが

朝食:パンとヨーグルト

昼食:おにぎりとサラダ

夕食:お米は抜いておかずのみ

という食べ方

 

栄養が全く足りないですし

日本人ならではの食文化もありません

母親なら絶対に教えない食べ方ですよね

 

これだけではもちろん、途中でお腹すくので

+間食は当たり前

 

これじゃ代謝も悪くなるし

体調面も大事なお肌も心配です。

 

何を食べていいかわからない場合は

お母さんに聞くのが一番!

 

お母さんがわからなければ

おばあちゃんに聞きましょう

 

それでもわからなければ

わたしが相談にのります!

 

でも、できれば…これを機会に母娘の会話を

増やしていただきたいです

 

もちろん男の子も!

 

勉強や仕事のスキルは外で身につけられますが

母親からしか学べないこともありますからね。

 

次世代になると

父親からも学べるようになるのかな

そういう時が来るのも楽しみですね♪